イメージ

カードローンというと、私はどちらかといえばネガティブなイメージを持っています。
借金というと少し強烈な印象を得ますが、カードローンという単語になると
多少はインパクトは小さくなりますが、結局は同じことをしているようなもの。

しかし、カードで買い物をするのと、どこがどう違うのかと考えてみたら、その場で現金を入手して利息が付くのと、利息は付かないが後で支払いが来る、という大きな差異があるくらいかなと。

利息は確かに大きいですが、普通に仕事をして普通に収入があれば、
例えばいつものお昼の定食をすこし節約して立ち食いそばにしたりして
利息分を補う様にすれば、そこは解消できると思ってます。
まとまったお金を借りた場合の利息も、月々で考えて、そこはうまく
やりくりできると思うし、ともかく、その場で現金が必要な時に工面できるというのはありがたいものなのかなと思います。私もそういう場面1度ありましたし。

金額にもよりますが、普段の収支の中でやりくりさえできるとめどが立てば、有効な手段だという結論です。

続きを読む

旅行の資金の足りない分をカードローンで補っています

旅行に行くことが多いのでお金を貯めきれない時もあります。そんな時はカードローンを利用して旅行の資金を用意することもあります。安心してお金を借りることが出来るサービスですし旅行のためにお金を借りることも出来るので便利です。

あらかじめお金を借りてもいいですし旅行の直前でお金を借りたりすることも出来ます。カードローンを利用することが出来ればお金に困らないなと感じています。旅行の時にお金に悩むのは嫌ですしカードローンのおかげで旅行を楽しめています。

旅行が終わったらしっかりと働いて返済をしていきます。旅行の資金として足りない分を借りるくらいなので返済も大変ではありません。返済に困ったら相談をすることも出来るみたいなので安心感もあります。

カードローンは私にとてもピッタリですし利用者が好きにお金を借りることが出来るのでみんなが満足出来るサービスです。旅行以外でもお金に困ったら利用をすることを考えると思います。

続きを読む

カードローンは便利だけど恐ろしい

最近ではコンビニに行くとカードローン用の現金自動支払機がたいていどこにでもあります。

クレジットカードさえあれば、必要な時に気軽に借りることができますが、金利が高くいったん借りてしまうと今度は、その借りたお金を返すためにまた別の借金をしなくてはいけない、という悪循環に陥ってしまいます。

以前はお金を借りようにも身分証明書等の必要書類を提出し、厳格な審査を受けなければいけませんでしたが今ではATMのボタンを操作すれば必要なお金を手にすることができます。

国の借金も増え続ける一方ですが、このカードローンもいったん手を付けてしまうと雪だるま式に借金が膨れ上がっていってしまいます。時折、借金が原因で自殺したり子供まで巻き込んで無理心中したり、あるいは離婚に至ったりという話を聞くと胸が痛みます。

安易に借金しなくてすむような仕組みを社会全体で考えないといけないような気がします。

そういう私も財布の中身は硬貨だけ、預金通帳の残高もそろそろ底をついてきました。ちょっと今からコンビニに行ってきます。

続きを読む

カードローンの安全地帯と危険地帯

カードローンでお金を借りたら返済が待っていますが、その返済は、大きく二つに分けて考えることができます。ひとつは安全地帯の返済、そしてもう一つは危険地帯の返済です。
返済の安全地帯とは、無理なく余裕をもって安全かつ確実に返済できる範囲を言います。そして危険地帯とは、余裕がなくて無理のある苦しい返済のことです。

言うまでもなく、返済は安全地帯だけに限ります。うっかり危険地帯に足を踏み入れるのは、極力、避けなければなりません。そもそも人生というものは、いつ何時、何が起こるか分からないのです。突然の怪我や病気もありますし、急な出費が幾つか重なってしまうこともあります。そんな時に備えるためにも、返済は安全地帯だけにすべきなのです。

もしも、やむを得ない事情によって危険地帯に入ってしまったら、その時は一種の非常事態だと認識すべきです。たとえすぐに借金を完済するのは無理でも、せめて一刻も早く危険地帯を脱するように全力を尽くすべきです。

そうすれば、きっと何とか危機を回避できることでしょう。

続きを読む